CAR

サイトマップ

13年も乗れば壊れない方がおかしいです

シルバーの車

先日、13年乗っている車が壊れました。

数年前から買い替えを勧められていますが、
乗り心地がよく、愛着もあり、これまで故障も特になかったので
半年ごとの点検はきちんとするようにして、
乗り続けてきました。

しかし、13年という月日は、さすがに劣化ははげしくなり、
昨年夏にエアコンの電気関係の故障や、タイヤ交換もありました。

今になってですが、このタイミングで買い替えしておくべきだったのだと思います。

ある日、子供の学校へ迎えに行き、途中下り坂から登り坂を走り、
坂の上の交差点で止まっていると、突然エンストしました。
走り出した時から、何かおかしいな、という感じでしたが、
寒かったこともあり、暖気がきちんとできてないだけかと思い、
再度エンジンをかけました。

しかし、一発ではかからず、信号は青に変わりあせりました。

何とかエンジンがかかり、動きだしましたが、
次は、キュルキュルという異音が鳴り出しました。
家までは5分もかからない場所でしたが、途中止める場所もなく
自宅まで何とかたどり着き、エンジンを切った途端、
ゴトンと何かの落ちる音がエンジンルームでしました。

すぐにディーラーに電話し、翌日見てもらったのですが、
エアコンのコンプレッサーが、ねじ切れているような状態だったみたいです。
どういうことなのか、よくわかりません。
これも経年劣化のひとつだったのでしょう。

今は、エアコンはかかりませんが何とか動いています。
ついに乗り換える決断もして、
納車までは、だましだまし乗っている状態です。

ニュース

TOP